卵巣がん,自覚,症状は初期にはほとんどありません。月経不順、男性化、腹水、下腹部が膨らむなどが症状です。大切なのは、卵巣がん検診です
980黒線.jpg

卵巣がん症状

卵巣がん症状【初期症状から】

卵巣がんは自覚症状がほとんどないガンです。自覚症状が乏しいため、卵巣がんに気がついた時には進行がんになっている事が多く、海外では【サイレントキラー】と呼ばれています。

卵巣がんの初期症状

看護婦の写真卵巣がんの初期症状が自覚しずらいのは、がんが出来ても初期の変化が表面化しにくいためです。また、卵巣は親指大くらいの小さな臓器ですし、骨盤で囲まれた骨盤腔の奥まった場所に位置しているのも原因のひとになります。その他にも、卵巣の片方にがんが発生しても、もう一方の卵巣が正常に機能していれば、年齢相応の性機能は保たれるため症状が出にくいこともあげられます。

進行がんになってから自覚症状が現れる

卵巣がんが大きくなってから下腹部にしこりを感じたり、腹部膨満感を覚えるようになります

卵巣が腫れているということに気がつかず、最近太ったという人がいます。これは、卵巣が腫れているためだけでなく、腹腔内にがんが播種(がん細胞が種をばらまくような状態で転移すること)した結果、腹膜の機能が低下し、多量の腹水がたまっていることも考えられます。
卵巣がんの中で、奨液性や移行上皮は腹水が貯留するタイプです。類内膜、明細胞、粘液性では、腹水が多量にたまることはまれです。がん病巣がさらに大きくなると、腹部膨満感が強くなったり、あお向けに寝られないほど苦しくなることもあります。腹部のしこりや、腹部膨満感などの自覚症状が受診のきっかけになる事が多いのですが、ここまで進行する前に、定期的に婦人科で検診しておくことをお勧めします。

腹水の症状

卵巣がんの中には、腹水といって腹腔内に水がたまるがんもあります。お腹にに水がたまると、お腹が膨れた感じになるので、それが受診のきっかけになることもあります。ただ、腹水はⅠC期以降にみられる症状なので、卵巣がんの早期発見には結びつかないことがほとんどです。

月経不順や男性化などの症状

性索間質性腫瘍の中にはホルモンが細胞で物質が合成・生成されます

女性ホルモンが細胞で物質が合成・生成されるがん

閉経後に月経が起こったり、閉経前の女性だと月経不順になったりすることがあります。

男性ホルモンが細胞で物質が合成・生成されるがん

声が太くなったり、毛深くなったり、陰核が大きくなったりすることがあります。
帯下が増加したり、がんのために周囲の組織や神経が圧迫されると腰痛・排尿障害・排便障害などが起こります。

復水がたまり、下腹部が膨らむ

漿液性腺がんという組織型の特徴は、腹水がたまり下腹部が膨らんできます

漿液性腺がんという組織型は、成長の早いタイプのがんになります。早期発見が難しく、
発見時にはすでに腹腔内に広がっていることが多い特徴があります。その為、下腹部が膨らんできたときに、単に太ったと決めつけない事が大切です。

半年ごとの検診でも発見できない時もあります

卵巣がんには、成長速度が早いものと、遅いものがあります。成長が早いタイプは半年ごとの検診でも早期に発見できない可能性があります。
卵巣がんでもっとも頻度の高い漿液性腺がんが、成長の早いタイプに該当します。一方、成長が遅いタイプは、数年単位でがんに進行します。典型的な例が、子宮内膜症から発生するがんです。

スポンサードリンク

ページの先頭へ