病院、医師の選び方【卵巣がん症状】卵巣がんの名医、病院の選び方や、基準について
980黒線.jpg

卵巣がん症状

病院選びと卵巣がん治療

病院選び・医師選びのポイント?

調べる、女性

いい医療機関、いい医師というのは、医療に何を求めるのかにより違ってきます。そのため万人に共通の基準というものはありませんが、、次のようなことがポイントになります。
自分にとって優先されると思われる項目は何かを考えて、医療機関・医師選びをしましょう。

医療レベルが高く、最新情報に通じている。
必要な医療設備がととのっていて、通院にも便利である。
患者の訴えをきちんと開いてくれ、質問に正直に答えてくれる。
スタッフの数が十分であり、医師だけでなく複数のスタッフでチーム医療をしている。
同じような症例を多く手がけている。
治療法の選択肢を示してくれ、患者が最終的な決定をすることを認めてくれる。ただし、治療法を選ぶ際の参考になるように、専門家としての考えを話してくれる。
検査や治療のメリットだけでなく、薬の副作用や治療後の後遺症も含めたデメリットも話してくれる。
副作用や後遺症に対する対策を立ててくれたり、アドバイスをしてくれる。
病名を告げられてショックを受けたときなどに、精神的なサポートもしてくれる。
10
セカンドオピニオンを求めて他の医療機関への紹介を希望したときに、気軽に応じてくれ、検査データを貸してくれる。
11
対応できないときは、ほかの医療機関を紹介してくれる。
12
わからないことは、わからないと正直に言ってくれる。
13
診察室での話が隣の診察室に筒抜けにならないなど、プライバシーへの配慮がある。
14
医師との相性が悪くない。

大切な話を聞くときは付き添いを同行しましょう

問診医師から癌であることが告げられると、ほとんどの人が動揺すると思います。しかしながら、このような頭が真っ白な状態では、医師がいくら説明をしても、話の内容を理解出来ないと思います。そうならないよう、大切な話を聞くときには、信頼できる人に同行をしてもらうことが大切になります。前もって質問があるときは、メモにして持参し、必要な事はメモをとるといいでしょう。

セカンドオピニオンについて

セカンドオピニオンとは、他の医師の意見を聞くことをいいます

ま担当医の治療方針に納得がいかないときは、セカンドオピニオンを求める方法があります。がんは早期治療すべき病気ですが、多少は治療時期が遅れても、適切な治療を受けたほうがメリットが高いと考えられています。

スポンサードリンク

ページの先頭へ