卵巣欠落症状とは、卵巣がんの手術のため卵巣を2つとも切除した場合に、エストロゲンが突如断たれてしまう事により現れる、更年期障害に似た卵巣がん切除の症状です
980黒線.jpg

卵巣がん症状

卵巣欠落症状【卵巣がん治療】

卵巣欠落症状

卵巣欠落症状とは、子宮がんや卵巣がんなどの手術のために卵巣を2つとも切除した場合に、エストロゲンが人工的に断たれてしまうことが原因で年齢に関係なく現れる、更年期障害に似た症状です。
卵巣が残っていても、手術時の血流阻害や放射線療法、化学療法などの影響で、閉経が早まることもあります。

更年期症状

更年期症状は、ホットフラッシュや発汗が代表的な症状で、卵巣から分泌されている女性ホルモンのエストロゲンが、閉経によって急激に減少するために起こる全身的な症状です。
また、めまい、動悸、イライラ、不眠、うつ、皮膚のかゆみ、関節痛、頭痛、疲れやすいなどの症状も現れます。

卵巣欠落症状とHRT(ホルモン補充療法)

卵巣欠落症状の治療法の主流は、HRT(ホルモン補充療法)です

卵巣欠落症状の治療法の主流はHRT(ホルモン補充療法)になります。HRTのメリット・デメリットを理解したうえで治療を受けるかどうかを判断すると良いでしょう。

ホルモン補充療法の問題点

乳がん発症リスクを高めるとして米国の大規模臨床試験でHRTは中止されています。HRTを受ける場合には、定期的なチェックが行われるため、がんが発症しても早期発見できるともいわれています。
また、がんの種類によってはHRTを行えない事がある。

漢方薬

卵巣欠落症状の治療には、漢方薬もよく使われます

更年期症状に使われる代表的な漢方処方には【加味避遥散】【当帰荷薬散】【桂枝茯苓丸】です。そのほか、【温経湯】【五積散】【女神散】なども使われています。

漢方薬の効能

卵巣摘出後の治療として、漢方薬が多く用いられます

漢方薬の効能には、体質を改善して、穏やかに不快な症状を軽減させる効果があります。

スポンサードリンク

ページの先頭へ