放射線療法は卵巣がんでは、ほとんど行われません。卵巣がんの症状や放射線療法が行われない理由を知れば、卵巣がんの深い理解が得られます
980黒線.jpg

卵巣がん症状

放射線療法【卵巣がん治療】

現在では、卵巣がんに放射線療法は、ほとんど行われません

卵巣がんの根治目的で、放射線療法が行われることは現在では、ほとんどありません

過去には放射線療法が盛んに行われ、治療の成果も良好でしたが、今では卵巣がんは化学療法で治療されることが多くなっています。

※卵巣がん根治目的での治療の現在の主流は化学療法

卵巣がんは、おなか全体(腹腔内全体)に散らばるように広がることが多く、卵巣の周りだけを治療しても治すことができない特徴を持った【がん】です。広がる事が多く、胃の周りなどに転移を起こして亡くなる患者さんも少なくありませんでした。
このような理由から、放射線療法を行うときには、腹腔内全体に放射線を当てることになります。ですが、腹腔内にある、いろいろな臓器は放射線に弱いため、放射線を少ししか当てることができません。放射線を少ししか当てられない事により、卵巣がんを治すにはどうしても不十分になってしまいます。
しかも、卵巣がんの多くは腺がんという、放射線があまり効かない種類のがんです。そのため、卵巣がんの放射線療法には大きな制限が加わり、成果がなかなか上げられませんでした。
卵巣がん治療で、腹部全体に放射線を照射すると、成果が上がらない割に、少ない放射線量でも重篤な副作用が出現してしまいます。
現在では、化学療法の進歩により卵巣がんによく効く薬が開発され、どうしても治療が不十分になってしまう放射線療法は行われなくなってきています。

スポンサードリンク

ページの先頭へ