画像検査【経膣超音波検査】は、卵巣がんの検査で最初に行う事が多い検査です。卵巣腫瘍の検査では、腫瘍の大きさ、形、腫瘍内の状態、腹水の有無を調べるのにも有用な画像検査です
980黒線.jpg

卵巣がん症状

画像検査【子宮がん検診】

経膣超音波検査(体への負抱が少ない超音波検査)

エコー(超音波)検査とは、人間には聞こえない高い周波数の音波を利用した検査

経膣超音波検査子宮体がん、卵巣がんの検査で最初に行われることの多い検査が【画像検査】であるエコー(超音波)検査です。このエコー検査は放射線の心配がなく、体の負担も少ない検査です。【経膣超音波検査】とは、膣から検査をするエコー検査になります。

CT検査(輪切りにして人体を映し出す)

コンピューターとⅩ線を組み合わせたCT(断層撮影装置)を利用し、人体を輪切りにして映し出す検査がCT検査です。CT検査は、主にリンパ節転移や腹部臓器への転移の有無を知るのに使われている検査です。

スポンサードリンク

ページの先頭へ