卵巣がんでの、ホルモン補充療法の効果やデメリットについて。卵巣欠落症状という更年期障害に似た症状をやわらげる治療法がホルモン補充療法です
980黒線.jpg

卵巣がん症状

ホルモン補充療法(HRT)【卵巣がん治療】

ホルモン補充療法(HRT)とは、卵巣欠落症状を和らげる治療法です

卵巣がんの治療により卵巣摘出や放射線治療を行うことで卵巣機能が失われ、更年期障害jに似た症状を卵巣欠落症状と言います。ホルモン補充療法は、この【卵巣欠落症状】を和らげる治療法です。更年期のホルモン補充療法の方法としては、定期的な薬の摂取やパッチ薬により女性ホルモンである【エストロゲン】や【プロゲステロン】を体内に少量ずついれていきます。

卵巣がんとエストロゲン

卵巣がんとエストロゲンと関係は、はっきりと分かっていません

ホルモン補充療法を受けることで、卵巣がんの再発や転移のリスクが上がるというデータとリスクが下がるというデータの両方があり、今のところ、卵巣がんの治療後に現れた更年期障害棟症状について、最初からホルモン補充療法を行うのではなく、漢方薬や抗うつ薬などが効かなかった場合に限って行うケースが一般的です。

ホルモン補充療法の効果

効果のある症状一覧

更年期障害様症状(ほてり、のぼせ、発汗のような血管運動神経系の症状)
腰や背中の痛み
イライラ、憂うつ
不眠
頭痛
委縮性の膣炎
性交痛などの症状

効果の現れにくい症状一覧

全身のだるさ
筋肉痛
ひざの痛い
冷え
めまい
皮膚の乾燥
物忘れ

エストロゲンの美容効果

エストロゲンはコラーゲンを増やすため、肌のはりを保つ作用があります。

その他の効果

婦人科がんの治療後に閉経した場合には、骨粗紫症や高脂血症になりやすいのですが、それも押えてくれます。

ホルモン補充療法の後遺症

ホルモン補充療法により、心筋梗塞、狭心症、乳がんや子宮体がんのリスクを上げる、月経のような出血、肝機能障害、血栓のリスク、吐き気などがあります。ですから、ホルモン補充療法を受けている女性は一定の頻度で血液検査、乳がん、子宮体がん検査を受ける必要があります。

ホルモン補充療法を受けてはいけないケース

絶対に避ける
エストロゲン依存性のがん、または疑いがある
原因不明の不正出血
血栓性の病気
重症の肝機能障害
避ける方がいい
血栓性静脈炎
エストロゲン依存性の良性腫瘍
糖尿病
脂質代謝異常
注意が必要
胆石症
片頭痛
高血圧
肥満
ヘビースモーカー

スポンサードリンク

ページの先頭へ