卵巣がんの検診は、腫瘍マーカーや、画像検査が一般的です。また、子宮がん検診の内診でも見つかるときもあります。子宮がん検診に合わせ、卵巣がんもチェックしよう。
980黒線.jpg

卵巣がん症状

子宮がん検診

卵巣がんを疑って婦人科を受診したときも、まずは子宮頸がん検診のときと同じように、問診、内診、細胞診が行われます

検診の最初に行われるのが【問診】になります。最近では、問診票を用意してあり、前もって患者さんに記入してもらい、医師はそこに書かれた内容をもとにして、さらに質問をするという方法をとっている医療機関が多いようです。

問診内容

医者と問診票質問の内容としては、年齢や家族構成のほか、気になる症状、不正性器出血の有無、月経歴(初経や閉経の時期、最終月経の開始日、月経周期、月経の持続期間、月経血の量、月経不順や月経痛の有無)、妊娠・出産歴(妊娠・出産の時期や回数)、流産・中絶の有無や時期や回数、授乳の有無、病歴(いままでかかった病気や現在かかっている病気)、アレルギーなどの体質、家族歴(家族がかつてかかった病気や現在かかっている病気逼迫伝的な病気)などです。答えにくい内容もあるでしょうが、医師がどんな検査を行うかを決めたり、正しく診断するために必要なことなので、率直に答えましょう。医師やスタッフには患者さんのプライバシーを守る義務がありますから、安心して話してください。

内診

内診とは、膣の中に指を入れ、もう一方の手を下腹部の上において診察する婦人科触診法の基本的な診断法です

子宮がん検診(内診図解)内診により子宮だけでなく卵巣の異常がわかることもある検査です。
内診によって、子宮の大きさ・形・かたさ・表面の状態・庄痛の有無、卵巣や卵管の状態などを調べます。子宮筋腫、子宮頸管ポリープ、子宮内膜症の有無などさまざまな情報を得ることができます。また、膣鏡(クスコ)という器具を使って膣、子宮頸部、帯下、出血、炎症などを観察します。

スポンサードリンク

ページの先頭へ