卵巣がん、進行期,分類について。進行期分類別(Ⅰ期、Ⅱ期、Ⅲ期、Ⅳ期)それぞれの卵巣がんの治療法など
980黒線.jpg

卵巣がん症状

卵巣がん進行期分類

Ⅰ期

卵巣内限局発育

Ⅰa期
腫瘍が一側の卵巣に限局し、がん性腹水がなく、被膜表面への浸潤や被膜破綻の認められないもの
Ⅰb期
腫瘍が両側の卵巣に限局し、がん催腹水がなく、被膜表面への浸潤や被膜破綻の認められないもの
Ⅰc期
腫瘍は一側または両側の卵巣に限局するが、被膜表面への浸潤や被膜破綻が認められたり、腹水または洗浄液の細胞診にて悪性細胞の認められるもの

Ⅱ期

腫瘍が一例または両側の卵巣に存在し、さらに骨盤内への進展を認めるもの

Ⅱa期
進展ならびに/あるいは転移が、子宮ならびに/あるいは卵管に及ぶもの
Ⅱb期
他の骨盤内臓器に進展するもの
Ⅱc期
腫瘍発育が2aまたは2bで被膜表面への浸潤や被膜破綻が認められたり、腹水または洗浄液の細胞診にて悪性細胞の認められるもの

Ⅲ期

腫瘍が一側または両側の卵巣に存在し、さらに骨盤外の腹膜播種ならびに/あるいは後腹膜または、鼠警部のリンパ節転移を認めるもの

Ⅲa期
リンパ節転移陰性で腫瘍は肉眼的には小骨盤脛に限局しているが、腹腰表面に顕微鏡的播種を認めるもの
Ⅲb期
リンパ節転移陰性で、組織学的に確認された直径2cm以下の腹腔内播種を認めるもの
Ⅲc期
直径2cmをこえる腹腔内播種ならびに/あるいは後腹膜または鼠径リンパ節に転移の認められるもの

Ⅳ期

腫瘍が一個または両側の卵巣に存在し、遠隔転移をともなうもの

スポンサードリンク

ページの先頭へ